ハーレー メソッド集

ハーレーに詳しくなれる情報メソッド

ハーレーの車体の塗装やパーツの交換は自由に行えるか

ハーレーダビッドソン

一般のオートバイの場合には車体の塗装やパーツの交換は現実的にはなかなか難しいものです。特に車検が必要な400CC以上の場合にはパーツの種類や色なども車検証に登録されているため、これを変えるとなると非常に大きな手間がかかるほか、場合によっては車検が通らないと言うこともあるため基本的には行うことができません。しかしハーレーの場合にはこれらの変更が行われることを前提に設計されている部分もあるため、一定の安全性が確認されているものであれば自由に変更ができる魅力を持っています。

 

そのために重要な位置づけなのがカスタムショップです。多くのカスタムショップでは様々なハーレーの色の変更やデザインの変更、もしくはパーツの交換などを行っているばかりでなく、その後の対応も確実に行うところが多いのです。ハーレー自身もカスタムショップに対して様々な適合性の評価や、認定を行っているため、実際に適合性や装着後の安全性なども十分に確認されていると考えられます。

ハーレー 

また塗装は様々なパターンがあらかじめ用意されており、この中からオーナーが自分の好みに合うものを選んで行うことも可能です。自由に外観を変更できる点もハーレーの大きな魅力であり、さらに個性を引き出すことで自分だけのモデルを手に入れることができるのも魅力です。カラーリングも大きな魅力となっているので、一般的なオートバイと大きく異なる、求めるポイントを持っているのです。

ハーレーの魅力は豊富なパーツでカスタム可能で取り付けすること

車両

ハーレーの魅力は大型バイクになるので、ライバル車が殆どないことで優越感を感じることができます。一方で数多く販売されている各車種別に非常に豊富なパーツが揃っていることで、カスタムを満喫できることも魅力的です。もしもパーツ類が少ない場合では、購入後はノーマルで乗り続けたり、汎用品を購入したり、自作品で加工している車種も沢山あります。
ハーレーはこのような不便さを感じることなく、カスタマイズできることには注目すべき点です。

購入はインターネットでも複数の専門店がネット通販を行っています。車種別で絞り込んだり欲しいアイテム別に絞り込みを行うことができるサイトが多いので、魅力を感じるパーツがあれば全体的なドレスアップのコーディネートを考えながら購入することが良い方法です。

カスタムパーツ

それぞれのアイテムに対しては、取り付けは自宅から近い場所で営業をしている専門店に持ち込みをして、工賃を支払う方法もありますが、簡単な取り付け方法で済ませられるものも非常に多いので、工具セットを購入しておくと自宅でDIYのように作業を行えます。

ハーレーは買ってしまえばそれでお終いというのではなく、カスタムを楽しめる要素が沢山盛り込まれており、実際にある程度古くなった車種でも適合するものを見つけるのは決して難しくはないので、同タイプの車種と比較した際に、更に優越感を感じ取るには効果的な手段です。長く楽しめるバイクでもあるので、ドレスアップを希望する方にとってはネット上の専門店を随時チェックしてみることも推奨できます。